新着情報

Web在宅学習の注意点について

2017年06月28日

学習くらぶ 通塾学習生のみなさんへ・・・

 

学習くらぶでは、通常通塾授業以外に週に1回~2回のWeb在宅学習を時間割に組み入れています。決められた曜日・時間に通塾と同じように定期的に家庭で勉強をしてもらっています。 その目的は学習の習慣化です。

 

Web在宅学習を始める時は、まず連絡を入れて下さい。LINE・メール・Skypeなどを利用して連絡を入れましょう。

 

学習単元の導入部分は視聴学習をするように指導しているので、必ず説明をしっかりと視聴して理解してください。

 

わからないことがあったら質問することができます。トラブルを解決することを優先して下さい。

 

学習終了時にも、学習教科の連絡とともにLINE・メール・Skypeなどで知らせて下さい。

 

<大切なこと>

 

時間割通りに家庭学習ができない時も連絡が必要です。予定を変更することを伝えることが大切です。

学習を習慣づけることを目的にしてはいますが、急な予定が入ったり他にやらないといけないことができたりと時間割通りにできないことがあると思います。そんな時、自分勝手にやるのではなく、予定変更のことを連絡して、学習ができないことを伝えることがとるべき行動です。そして 次にいつやるかの予定を決め、段取りよく行動すること・・・こういうことが大切です。

 

約束事をきちんと守り行動することが信頼を得るためには不可欠です。勉強ができる、成績がいいだけでは、信頼される人物にはなれません。仕事をはじめた時に信頼される人になることが成功への第一歩です。小学生・中学生のころからこの意識を持って行動できるようになれば、成績も自然に良くなるものです。

 

くれぐれも「忘れてた!」はないようにしましょう。

 

=====○=====○=====○=====○=====○=====○=====○=====○=====

 

こどもたちがが学習くらぶで学んでいることは、将来役立つことばかりです。勉強以外のこともたくさん学んでいます。やるべきことをやらなかったときの厳しい対処が子どもたちを鍛えます。

 

いい加減なことをしたりその場しのぎの適当なことをしていると翌日に教室に来ることになります。こどもたちにとって嫌なことをやらされるという気持ちであることをわかっています。でもそうなった原因が自分にあるということをしっかり理解し、きちんと反省することから、大切なことを学び、同じような失敗を繰り返さないようになります。

 

テストの結果にばかり気をとられず、 普段の生活態度や習慣、そして意識を少し変えることで勉強でも良い結果を出せるようになります。ガリ勉しなくても成績をあげることができます。 学習くらぶで教えてもらったことを実行に移すことで成績については問題なくよくなっています。

 

あとはやり抜く力を養うことです。厳しい環境でいることが最後まで諦めない力を身につけやすくしてくれます。GRID(やり抜く力、根性)を鍛える環境を子どもたちに提供していきたいと思います。

 

 

page top