成績だけ上げればいいのか?

成績だけ上げるのは実のところ極端な場合を除いて、難しいことではないと考えています。たくさんの時間をかけ、たくさんの問題をこなし、有無を言わせないスパルタ方式でバシバシやればいやでも点数を上げることは可能な場合もあります。
しかし、子供たちの成績を上げるだけでいいのか?ということを私は考えています。
子供たちはこれから先、義務教育を終え、高校、大学と進学していき、いずれ就職し社会に飛び込んでいき、家族を構成していくという長い人生を歩んでいくことになるわけですが、その過程の大切な時期に目先の「成績だけ」に着目してはいけないのではないかと考えます。
義務教育以降、子供たちは守られずに「自己責任」という現実に向き合います。自分で考え、自分で決定し、自分で物事を処理していくということを強いられます。高校や大学、はたまた社会に出て突然、それを求められてもできないのは当たり前です。なぜなら、今までそんなことしてきてはいないし、習慣化できていないからです。
ですから、当学習くらぶでは「自分で考える」「行動する」「責任を取る」という習慣を身に着けられるよう一貫して指導しています。

自己解決能力を身に着ける

強制して勉強させるのではなく、将来役に立つであろう「自分で解決する」という思考を身につけさせます。
最初はなかなかうまくいきません。戸惑いますし、「こうしなさい」と言われるのをただ待っています。しかし、訓練を一貫して行うことで、子供は少しずつ「段取り」というものを意識するようになり、それを自然とできるようになっていきます。
もちろん、短時間でできるわけではないですが子供と接するときに一貫して行い続けることで、子供たちは少しずつ変わっていくというのを親御さんも見ることができると思います。

将来を見据えた教育

目先の成績を上げることもとても大切なことですが、子供たちが次のステップに進んだ時に、自分で考え、決定し行動するということが無理なくできて、段取りが他の子たちよりも少し上手にできたら・・・、きっとその子の「将来は明るい」と思いませんか?
その、訓練を少しずつ当学習くらぶで、日々の授業の中で身につけさせてあげたい・・・私はそう考えています。
この教育方針については、初めて当学習くらぶにお越しいただいた際にも少しお話させていただきたいと思っています。また親御さんからのご要望や、当の本人の考えや気持ちなどなんでもご相談いただけたらと思います。